メアリーブレア展とアナスイさんとの出会い

Posted by admin on 29 9月 2009 at 11:16 pm | Tagged as: Poetry&Philosophy

mb.jpg

メアリーブレアといえば、ディズニーの世界観を象徴するような
『It’s A Small World 』で有名だけど、
幼心のための民族の祭典というか、ペイネの「愛の世界旅行」が
さらに色彩豊かに純化されたような、あの独特の世界に触れるとき、
いつものなつかしい想いがこみ上げてきてしまいます。

「そうだ!私たちはこうゆう心の底から楽しそうで可愛いらしくて、暖かみ
のなかに遊び心が満載な世界を、この惑星でも色や形にしたかったんだった!」

そんな「創造の源泉につながる想い」のようなものが、
全ての人の心の奥底の集合無意識的な領域にあって、
私たちをよりよき表現へと鼓舞してくのだと思うのです。
アナスイさんが僕を訪ねて来てくださったのは、今から5年前のこと。
NYのアトリエで当時の僕の装苑の記事を見ていただいたのです。
そして、その時のNY土産がメアリーブレアの画集。
アナスイさん曰く、「貴方の世界と通じるものがあるから!」と…。

実際にお会いした彼女の気配は、シルクのように繊細でチャーミングで、
ほんとうに素敵な方でした。

そんな彼女の感性に、まだ未開拓な自分が映っていたのだとしたら、
僕は、なんとしてでも、もっともっと自分自身の源泉へと通じていって
メアリーブレアさんのようなIt’s A Small World な仕事をこの世界に
残したいと希望を新たにするのでした。

アナスイさんからはNYのアトリエに遊びに来るよう
お誘いを受けているけど、僕のIt’s A Small Worldは
まだまだ未完成なのです。


Comments are closed.

-->