Hiikawa(出雲水脈図)

Posted by admin on 04 2月 2016 at 05:49 am | Tagged as: Poetry&Philosophy

 

Exif_JPEG_PICTURE

新作を作ってるときの感覚なんだけど、、、

実はこの世界には「過去」しかなくて、
僕の生きた時代も、
スッと過ぎ去った100年後から見れば、
まるっきり過去でしかないように、
でも逆にみれば1秒も何億年の違いもないくらいに、
全ての過去は宇宙の初めよりも前から
別の在り方で出揃っていて、
そこからの発掘が、
新しいという感覚を想起をさせてくれるような、
そんな感覚に囚われることがある。

「今」という“私が主体となる意識”が
儚い点であるとか、
無意識の束の間の瞬きであるとか、
鏡を見て自分の顔に違和感を抱きながらも
その思考や時空の制約の外側の輪郭をなぞるとき
何々風とか何々派だとかの後の解釈はどうでもよく
「わかったぞ!今この瞬間がもっとも素晴らしい」
とでもゆうような「親しみ深い未来」が産み落とされる。

なんちって、、

Hiikawa(出雲水脈図)

美術写真 Mio Funayama
技術協力 富宏染工× ground works
箔 図案 イズモネシアグラフィック


Comments are closed.

-->