Poetry&Philosophy

なぜ、いつの時代も若者はレトロに魅了されるのか?

image.jpg
その文化の背景にある”蜜のしたたるような本質”に触れるとき、
その「場」とも「間」ともいえるところには、それが時間であれ
空間であれ、およそ物理的なものを超えた、生命感覚とも霊性と
でもいうべき気配が立ちこめている。

それは、伊勢や出雲であったり、未開の頃のチベットやアラスカで
あったり、 1920年代のフランス植民地であったり、70年代の東海岸
であったり、 はたまた今朝方見た夢の中での、まだ行ったこと無い
はずの街の景色で あったりする。

流行として消費していくものや、商業行為としてかかわるような
上っ面な 文化とは、全く質の違う、
いわば、命をかけた真剣な古典的恋愛感情のような純粋投影の
なかでのみ、触れることの出来るような臨場感の森に分け入るとき、
そこには、たんなる都合のよい情報であることを超えた 大きな意志
のようなものとの蜜月が訪れる。

その時もはや、その「文化」が「人」の都合で消費されるのではなく、
逆に「人」が、その「文化」の本質を伝える媒体として端末機能に殉じ、
その深層意志の発露を担わされるような、不可思議な瞬間が訪れるのだ。

いわゆる、本当の意味での”創出”という行為。

若い人達と過ごすとき、その若者が、ある時期突然老けて生命力を
失って しまうのか、それとも歳を重ねるごとにますます若く円熟して
いくのか、 その目安として、レトロなるものへの想像力や感受性の
有る無しという 基準がけっこう当てになると思っている。

それは、レトロ=懐古趣味という文字通りの直訳のことではない。
むしろレトロという文脈を嗅ぎ分けられずに表層の流行に乗っかって
いた 人が、その若き日の過ぎ去りに固執して新しいものの否定の
うちに 老いてしまい、新しい角度での温故知新を見逃してしまうと
いった残念な状況こそを、悪意をこめて懐古趣味というのだとおもう。

「流行の同時代における共有」は経済の活性化以外に
”個々人が抱える文化的孤独からの解放”というメリットを与えるが、
同時に時間の流れは人々の間に「早い/遅い」の優劣感情や
一部の進歩的自負をもつ人々の傲慢さも招き入れてしまう。

過去から未来に矢のように流れる時間上の新旧の尺度そのものを、
100年単位のスケールでもう卒業すべき時期だとみなすとき、
『今』という瞬間に無意識界と顕在意識界を行き交う様々な時代の
特性達と色彩豊かな交信を楽しむことは、
”自分という感性を生かしきる”という意味において、
常に表現における新鮮さをもたらしてくれるのだと思う。

もちろん、科学技術の応用や国際社会上の力関係などは、
あいも変わらぬ圧倒感な力でもって、矢としての進歩の速度を武器に、
実社会における 優劣の格差を突きつけてくるだろうけども…。


Posted by admin on 06 10月 2009 | Tagged as: Poetry&Philosophy

メアリーブレア展とアナスイさんとの出会い

mb.jpg

メアリーブレアといえば、ディズニーの世界観を象徴するような
『It’s A Small World 』で有名だけど、
幼心のための民族の祭典というか、ペイネの「愛の世界旅行」が
さらに色彩豊かに純化されたような、あの独特の世界に触れるとき、
いつものなつかしい想いがこみ上げてきてしまいます。

「そうだ!私たちはこうゆう心の底から楽しそうで可愛いらしくて、暖かみ
のなかに遊び心が満載な世界を、この惑星でも色や形にしたかったんだった!」

そんな「創造の源泉につながる想い」のようなものが、
全ての人の心の奥底の集合無意識的な領域にあって、
私たちをよりよき表現へと鼓舞してくのだと思うのです。
アナスイさんが僕を訪ねて来てくださったのは、今から5年前のこと。
NYのアトリエで当時の僕の装苑の記事を見ていただいたのです。
そして、その時のNY土産がメアリーブレアの画集。
アナスイさん曰く、「貴方の世界と通じるものがあるから!」と…。

実際にお会いした彼女の気配は、シルクのように繊細でチャーミングで、
ほんとうに素敵な方でした。

そんな彼女の感性に、まだ未開拓な自分が映っていたのだとしたら、
僕は、なんとしてでも、もっともっと自分自身の源泉へと通じていって
メアリーブレアさんのようなIt’s A Small World な仕事をこの世界に
残したいと希望を新たにするのでした。

アナスイさんからはNYのアトリエに遊びに来るよう
お誘いを受けているけど、僕のIt’s A Small Worldは
まだまだ未完成なのです。


Posted by admin on 29 9月 2009 | Tagged as: Poetry&Philosophy

トーキョー・ネオン海月

kurageb.JPG

昨年のノーベル賞に日本の科学者が選ばれたとき、”発光するオワンクラゲ ”
のイメージに重ねて、日本の未来にかすかな希望を感じとることが出来ました。
美しく有機発光する無公害のファブリックが私達の生活をつつむ日もそんなに
遠くないような気がしたのです。智恵子が嘆いたあの頃から幾年もたちました。
東京の空の上、ブリキ色の夜空に浮かぶ浮遊都市は、新しい科学の綺麗な代謝
で明滅しながら、未来の子供達に託された汚れた大地の回復を待ちながら、
今日もシンフォニックに明滅する素敵な光の音階を奏でてくれています。」
AD2110 TOKYO. 発光しながら斜めに上昇する巨大な海月の図案には、
エレクロリカルかつオーガニックな静寂の光が敷き詰められ、私達にクリーン
でファンタジックな未来都市を想起させてくれます。真に人間的なる進歩への
歴史は終焉に近いのではなく、いまからより素晴らしい次元で開かれていく
のだと思います。


Posted by admin on 01 5月 2009 | Tagged as: Poetry&Philosophy

たまには「信仰」とか「懐疑」について・・・

1.jpg

たまには信仰や信仰への懐疑について書いてみたいと思いました。

特定の言葉や象徴にすがることは内的な行為としては問題ないし、
その質によっては美意識にあふれた独自の文化を深めたりします。

だけど、それを他者に求めたり、他者を評する基準にしたとたん、
その言葉や象徴は、異なる要素に対する被害意識と攻撃性を孕み
始め、人が無意識に陥りがちな心理的な弱さを露呈させてしまう。

そもそも不可知なる次元に対して、どこまでも無知である事実に
納得し、そこに健全な生命感覚の喜びをはたらかせていくならば、
およそ人を介して世に出た物事に心を奪われてしまうことはなく、
本来の自分でいることの当然の権利と心の自在が保たれるはずです。

その意味で、人間の尺度で取り決められた信仰の形や考え方から
自由であるということは、最も誠実な宗教的態度なのでしょう。

特定の言葉や象徴とは「善悪を知る木の実」に比喩されるような
思考の罠とも、記憶の蓄積という機能ともリンクしていくけれど、
「はじめにコトバありき」の「コトバ」の意味が不可知なる次元
から流出した特異点のようなはたらきを示してるのであるならば、
その実態は「山のあなたの空とおく」ではなく、全ての「私」の
内に宿るものなのだという事実をもっと実感していたいと思います。

朝方の文章らしく愚にもつかない抽象言語の羅列になってしまっ
たけど、注ぎ出たコトバを確認しておきたいとおもった次第です。

たぶん、分り易く語る才能がないから図案を描いてるんだと思います。。


Posted by admin on 10 4月 2009 | Tagged as: Poetry&Philosophy

文字よりも古い蜜月「ファブリックとフォークロア」

oya4.jpg

私がファブリックに魅了される最大の理由、それは布に託されたコミュニケーション(表現と対話)の役割りにあります。
単にコミュニケーションといっても、それは人と人との間に限られたものではありません。
シベリアからアメリカに移り住んできたモンゴロイドたちは、精霊や動物とのコミュニケーションをはかるために布に紋様を刻んだかもしれませんし、アジア中南部の少数民族の人達も、大いなる運命の手の中で、一族の存続と繁栄を願って精緻な刺繍を編み込んでいったかもしれません。
パピルスが発明されるより以前、 一握りの支配層が「文字」という著しく洗練されシステム化された紋様を使って他の民族を文化的に単一支配していく時代よりもっとまえ。
ファブリックの成り立ちには、商業手段や趣味趣向とは別次元の、根源的な願いが重ねられていたのではないかと感じています。
自然との調和の中で、家族の平和と安全を望みながら暮らす人達の祈りと愛情が、鮮やかな紋様となって織られ染められ表現されてきて、そんな歴史の積み重ねの上に現在の私たちのファブリックは存在している、そう考えるのはロマンチックすぎるでしょうか。
グローバル化された大量生産大量消費の時代に生まれて来た私達も、永い年月を経て紡ぎだされてきたファブリックの本質に立ち戻ることで、現在の生活様式の中に本質的な意味を再発見していけるかもしれません。

Uzura(上の図案)
陰陽モチーフから生まれたシンボリックなウズラの親子の図案。
外の白い世界が親ウズラを通して鏡あわせのような似姿の子ウズラに流れ込み親子の図を形成しています。外界には樹木と羽のような葉っぱがあり、自然界や物質世界を意味しています。子ウズラはピースマークのような足で、真善美を求めてこの世界に立っています。そこには西洋の三位一体と東洋の曼荼羅的な宇宙観が同時に描かれています。

10.March.2008 AritaMasafumi


Posted by admin on 01 2月 2009 | Tagged as: Poetry&Philosophy

予知したことは過去になる。

hk.jpg

知識は表層的であるうちは無害で楽しく退屈しのぎになる。
YouTube画像やWiki情報のような毒にもならない表層言語のうちは。
本来、「人」という種には扱いきれない深い英智は、
知覚の所有庫にストックしたとたん有機水銀投与のように
その精神神経系の中枢を麻痺させ、強力な力を保持したまま
永遠のゼロからの乖離をおこしてしまう。
本来「人」という種は、その英知に対して
素朴な日常の脇に空にして開いていることしか出来ない。
出来ないというよりは、それが存在の最大の恩恵なのだが。
占星術に関しても、本来は星の運行を楽しみ
その星々への畏敬の前に心を開くのが礼儀であり
個人の未来予知も2012年云々等も、およそ時系列での投影は、
本質をとりこぼした人間的尺度での捕獲にほかならない。
そして、未来を知ることは未来を歪める。
捕獲した鳥は、本来の羽ばたきもさえずりも忘れてしまう。
本来の未来とは、過去から完全に解放され一瞬一瞬に託された
もとよりの無為自在と自律的創造行為のほとばしる今なのだから。
知覚や想起が行為に等しいのは、ユングを待たずとも伝統的な認識。
無知覚・無想起であるからこそ、純粋な創造とともに未来が開かれる。
14歳の頃から29年(土星の一巡)天文歴とともに生きて来て
ようやく星と共に生きる姿勢の入り口に辿り着けた気がする。
現在の上空に形成される水瓶座のカイロンと木星と海王星の直列、
そこに恋と精神的探求の角度を相互形成する双子座の新月を超えて。


Posted by admin on 26 1月 2009 | Tagged as: Poetry&Philosophy

もうひとつのSelfportrait(スコットランドとブータン・布とDNA)

303.jpg
(写真:カブリモノ作家、ニシハラ★ノリオ氏の個展会場/IIDにて…)

魂の深いところで親近感を感じるのがスコットランドとブータンの布様式。共に高地の険しい自然環境に暮らす民族であり独自の織柄を日本の着物のよう に巻いて着用しています。僕が生まれ育ったのは日本ですが、DNAの深いところにはケルトやチベットの古い記憶が眠ってるような気がしてなりません。一 方、布に表現するテイストには何故か北欧や東欧の雰囲気が混ざり合っているといわれます。僕の奥に眠るケルトの血は東へ東へと旅しながらバイキングやスラ ブ民族と混ざり会い、そしてチベットと合流して大陸から島国へたどり着いたのか…。あるいは「前世かも…」って発想で片付けるのも、それもまぁチ ベット的で面白い、たけど魂の記憶はもっと自由に個体としての唯脳認識の呪縛から解放された状態でリンクし合っているのかもしれないし、DNAの研究の果てには、これまでの物理的因果の説明を凌駕するような存在認識の量子的飛躍が待ち受けているかもしれません。実のところ、出身地である「出雲」や国民としての「和」についての心象 は、僕のDNAの比較的浅いところにあって、後天的に儒教や神道の文化に躾けられた魂は、例えるならオキナワンやアイヌの子供達が本土の七五三の衣装を着 させられた時に感じるであろう違和感に近いものを感じていたりします。僕が生まれ育った戦後の昭和日本は間接的にアングロサクソンの勢力圏にありましたが、イギ リス〜アメリカの文明覇権のなかで培われた近代合理主義と管理化された競争原理の影響は、先の違和感の上にさらなる違和感を覆いかぶせ続けていたように感じています。そんななかでも時代は進み、近年になって文化的な敬意と尊厳のバランスは新しい調和の次元へとシフトし始めているようですが、最新のDNA解読技術では、かなり前の世代までルーツがわかってしまうらしく、僕の不可思議な記憶への疑問に対して、科学的な側面からもヒントを得ることが出来る日はそう遠くはないのかもしれません。
*人類の広がりをDNA分析で調査する「ジェノグラフィック・プロジェクト」


Posted by admin on 07 1月 2009 | Tagged as: Poetry&Philosophy

« 前ページへ