ようこそイズモネシアへ!

izumo1.jpg

Izumonesia
私が生まれた島根県簸川郡斐川町には、民藝運動でも重要な役割りを果たした出西窯、そして古代の神話を裏付ける銅剣や銅鐸が日本で最も多く発掘された荒神 谷遺跡があります。また、私が生まれ育った昭和40年代は”昭和元禄”とも呼ばれる、未来への夢と希望のメッセージにあふれた時代でもありました。
ミッドセンチュリーモダンの新様式が大衆の暮らしにも浸透し、近代建築の内部を世界各地のテキスタイルや民芸品が混然と彩るたたずまいは、雲間から差し込 む日の光に照らされた斐伊川の河川や築地松の広がる平野の雄大な景色の印象と相まって私自身の原風景を力強く形成したに違いありません。明治時代に宮家御 用達の菓子屋を営んでいた曾祖父に、大正〜昭和初期に前衛ダンサーを志した祖父、そして東洋哲学をベースに書や彫刻に親しんだ父を経由して無意識のうちに 受け継がれたモノづくりの姿勢。生け花の世界で活躍していた母方祖父の大正仕込みのダンディーな着こなしや所作、そしてモダンなオブジェが配置された和洋 折衷のアトリエも幼い頃の私に造形感覚の因子を与えてくれたのかもしれません。
私を育んでくれた時代と環境、そして個としての役割り…。その計り知れないギフトに感謝しつつ、これからも皆様と、この美しい惑星に生まれてきた喜びを再確認できるような表現活動に邁進していきたいとおもいます。


Comments are closed.

-->