Arita Masafumi Modern Fabrics

「良質な大衆文化を育てるためのテキスタイル」「世代や国境をこえて親しまれるテキスタイル」「衣食住に浸透するコミュニケーションツールとしてのテキスタイル」をスローガンに1998年より準備を始め2001年から本格始動したのがファブリックブランドNew Esperanto Label。
当時、マリメッコのような生活全般に広がるテキスタイルの展開は、国内ではあまり一般的ではありませんでした。 その後、時代はインテリアブーム~北欧テキスタイルブームを迎え、 布を媒体としたグラフィカルな表現は、以前の流通とは異なった新しい文化形態として定着したかのようにおもえます。
New Esperanto Label は、インテリア〜ファッション等の各分野で様々なコラボレーションを展開した後、2007年をもっていったん生産休止させ、その後のJaponica〜Izumonesiaのシリーズで「和の伝統美や民俗学モチーフのコンテンポラリーな表現」をテーマに新作発表を行ってきました。
今後も布のもつ可能性と、その奥深さを探求しつつ、未来のスタンダードをめざしていきたいと考えています。


Comments are closed.

-->